車売却の際にちゃんと交渉していますか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の売却の際にちゃんと交渉していますか?
査定が終了し、
「いくらになります」
と告げられると思います。または査定書をもらえるでしょう。

その時に、その金額で納得してはいけません。
車は交渉次第でいくらでも買取価格を上げられるのです。

最近では交渉する人も減ってきているようですね。
時代の移り変わりでしょうか。
昔は交渉が当たり前だったんですけどね。

まず、車買取業者がいきなり限界の金額を提示してくるわけがありません。
なぜなら、まず、その査定の担当は、上司にいくらまでで買い取れと指示されます。
この「いくらまで」という金額は限界査定額です。これ以上はどう頑張ってもあがりません。

そしてその上司から言われた金額よりも安く買い取れ買い取るほど、
自分にインセンティブが入るのです。
つまり成果報酬ですね。

だからその担当は、いきなり上司に言われた限界の金額を提示してきません。
できるだけ安く買い取って、自分のインセンティブに反映させたいはずです。

なので交渉は絶対に必要なのです。
ひどい買取業者や担当に当たってしまうと、
最初の提示額は限界査定額の半額で提示してきます。

まずはかなり安い金額を提示し、それから交渉により序所に査定額を上げていき、
信頼を勝ち取ろう。という選択のようです。

しかし、あまり足元をみている査定額ですので、
怒って帰ってしまう客も多いようですね。

このような査定に交渉は必須条件です。
買取業者の最初の提示額で売却してしまっている人は、
かなり損していることでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://notinc.net/mt-tb.cgi/6

コメントする