2013年8月アーカイブ

ドライブのテクニック

| コメント(0) | トラックバック(0)

車を運転する上で常日頃気をつけていることってありますか?
タイトルのドライブのテクニックというのは、
走り屋みたいなドリフトテクニックではありません。
主に燃費の向上と車の寿命の向上に努めるテクニックのことです。

燃費の向上を意識して車を運転すれば、必然的に車の使用劣化も遅くなり、
車の寿命も延びます。
そして、車の寿命を伸ばそうと意識するような運転は、車の燃費の向上にもつながります。

車の寿命と燃費は相関関係にあるのです。

ではどのような運転方法がいいのか。
まずは単純に、暖気運転ですよね。
これだけで車にかける負担も減りますし、燃費も向上します。

次に基本的なことですが、急発進はしないということ。
急発進は車に多大な負荷を与えます。そして一気にガソリンを爆発させることになるので、
燃費も悪くなります。

そして最後にアクセルワークですね。
これが一番重要であります。
結構難しいですが、毎日意識してくると、燃費の向上が体感できます。

オススメのアクセルワークは、赤信号が見えたらアクセルから足を離す。
ということです。
これは後続車の状況にもよるのですが、アクセルから足を離すことによって、
無駄なガソリンの消費を削減できます。
どうせ赤信号で止まるのですから、なにもアクセルを踏んでガソリンを使うことはありません。

そして渋滞時はアイドリング走行のみにしましょう。
渋滞時ってちょっと進んだと思ったらまたすぐに前がつまり、止まってしまいますよね。
ですので、渋滞だと判断できるときは、前の車が発進してもアイドリングだけで走行するようにしましょう。
どうせまた止まるので、アクセルを踏む必要性はありません。

以上が簡単にできる運転テクニックです。

カスタムしている車は売れない?

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく結構カスタムされている車は売却する時に苦労する。
と言われていますよね。

査定額がつかない。
かなり減額される。

色々なケースがあります。

確かにカスタムされている車は、純正の車と比べて、査定額がつきにくいです。
その理由は需要の問題です。

カスタム車がほしい人と、純正の車がほしい人。
どちらの割合が多いと思いますか?

もちろん純正の車がほしい人の割合ですよね。
だから査定額は需要で結構変動しますから、カスタム車は売れにくい。
というわけです。

しかし、なにもカスタム車はデメリットばかりではありません。
カスタム車は一部の層に高くうれるのです。
若年世代が多いような印象ですね。

ですから、カスタム専門店などに査定にもって行くと、
純正の車より高く買い取ってもらえたりするケースがあります。

カスタム車専門店はカスタム車がほしい人が集まるので、
需要があるということですね。

ですので一概にカスタム車は高く買い取ってもらえない。
というわけでもありません。

高く買い取ってくれるところを見つければいいわけなんですから。
ただ、純正の車と比べると、やはり査定額もつきにくいですし、
売却先を見つけるのにも苦労します。
ということです。

車をカスタムしている人に朗報

| コメント(0) | トラックバック(0)

車をカスタムしている人はチェックしておいても損はないでしょう。
それは純正パーツを残しておくということです。

基本的に純正パーツを残しておく人が多いですが、
カスタムされた車に満足しちゃって捨ててしまう方も多いですよね。

保管しておくスペースもない。
という方も多いのではないでしょうか。

しかし、車はいずれ売却しなくてはいけません。
その際に、純正パーツが残っていれば、査定額がアップする可能性があるのです。
車の売却時に純正に戻さなくてもOKです。
ただ残して置くだけでいいのです。

先ほどスペースのお話をしましたが、
車屋にカスタムを頼んでいる人は、車屋で保管してもらえることも多々ありますので、
一度聞いてみてはいかがでしょうか。

バンパーなんか交換したら保管しておく場所に困ってしまいますよね。
年間で安く倉庫も借りれたりするので、一度検討してみてもいいかと思います。
それだけ、純正パーツの有無で査定額も変わってきます。

その他原型を変えてしまうワンオフ改造は、
純正パーツをオークションなどで購入して、それを改造するようにしましょう。
以外と中古純正パーツはオークションで種類豊富に出品されています。

ほとんどが事故車などから取り外して生きているパーツですね。
激安で出品されていることも多いので、カスタムを検討している人はチェックしてみましょう。