車買取と事業用自動車等連絡書

| コメント(0) | トラックバック(0)

車買取の手続きでは、必ず書類が必要になります。必要な書類も複数あって、車検証や税金や自賠責の書面など様々です。支払いスピードにも大きく関わりますので、書面はなるべく速やかに用意する方が良いと思うのですが。

ところで人によっては、やや特殊な車を保有している場合があります。事業用の車ですね。
街を歩いていると、よくタクシーを見かけます。そのタクシーのナンバープレートによっては、背景色が緑色になっている事があります。いわゆる緑ナンバーの車です。そのような車は、事業用として用いられている訳ですね。

ところで緑ナンバーの場合、やや特殊な書類が必要になってきます。事業用自動車等連絡書という書面が必要です。といっても、記載する内容はそれほど難しくありません。名前と住所と所属営業所など色々な項目がありますが、記載内容は車検証があれば難しい事はありません。
ただ自動車の買取となると、記載する箇所はちょっと注意を要するかもしれません。減車欄に記載します。増車欄ではありません。車を手放す事になるからです。

どこでそのような書類を入手できるかというと、運輸支局です。ちなみにその事業用自動車等連絡書を取得するためにも、車検証が必要になります。ただし状況によっては、車検証以外で発行できる事もあります。

ですのでその書類を入手するためには運輸支局に足を運ぶ必要はありますが、郵送で発行してもらう事も可能ではあります。ただしその際には郵送料金を、発行希望者が負担する必要があります。また廃車買取などを行っている業者の場合は、しばしばホームページを保有しています。業者によってはホームページ内に、書類をダウンロードするためのボタンが設置されている事もありますね。ですので詳しくは、業者に問い合わせてみると良いでしょう。

車を上手く売るには複数の業者査定を行う必要があります

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の売却を上手く行う為にはなるべく大手の業者に頼むのがベストですが、一社のみを重点的に選んでしまうと場合によっては何十万円分も損してしまう可能性があります。

そこで今回は失敗しない為の車の売却方法について詳しく解説していきたいと思います。

よく新聞の広告等では他の業者よりも高値で買い取るといった謳い文句を目にしますが実際は少しでも安く買取を行う為にあらゆる手を使って買い叩いている場合が殆どです。

その為上手く買取を行う方法の一つとして挙げられるのが複数の業者に見積もり査定を行う事にあります。

とはいうものの実際に店舗にて説明諸々を聞いていると約2時間以上の時間が取られてしまうので複数の店舗を回るには時間が幾つあっても足りません。

そこでお勧めなのがインターネットによる査定サイトを利用する事で、これらのサイトを上手く活用する事によりたった数分で複数の査定が完了出来るだけでなく無料にて査定を行ってくれる場合が殆どなのでかなり便利な機能であると言えます。
無料査定は下記のサイトから
>>ヴォクシー 売却

なお、査定を行う企業を選ぶ際には最低でも大手3社に絞る必要があり、実際に選んだ3社を自宅にて査定を行う時はなるべく3社とも査定時間をずらしておくことが重要となりますので予め時間指定に気を付けておくよう心掛けましょう。

ディーラーとの付き合い方について

| コメント(0) | トラックバック(0)

ディーラーとの付き合い方は非常に難しいです。
なんでもディーラーだからいいってわけでもなく、
同じ作業内容なのに工賃が1.5倍も違う・・・
なんてこともよくあります。

ディーラーはメーカーの看板をしょっている車屋ですので、
メーカーの信頼を盾に結構ボッたくってきますよね。

私のメーカーとの付き合い方は特殊です。
それは車を購入する際にしか付き合わない方法です。

車の購入いってもただの新車購入ではありません。
下取り車の購入です。

営業マンと仲良くなり、
下取りで〇〇の車種が入ったら教えて。
など予め予約を入れておきます。

そうするといい状態の中古車がそれも格安で
手に入るというわけなのです。

整備はもちろんディーラーでは頼みません。
いきつけの車屋さんでいつもお願いしています。
そのほうが費用も安いですし、信頼できますので。

確かにディーラーは信頼できますが、
費用が高すぎるのが難点です。
と言ってもその辺りの中古車屋は信頼できない・・・
という人は、これからのためにも色々な車屋に通ってみたりして、
信頼できるところを見つけていかなければいけませんね。

車のことに関しては下記サイトの方が詳細に記載されていますので、
参考にしてみてください。
仙台車買取
ベンツ買取

車売却の際にちゃんと交渉していますか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の売却の際にちゃんと交渉していますか?
査定が終了し、
「いくらになります」
と告げられると思います。または査定書をもらえるでしょう。

その時に、その金額で納得してはいけません。
車は交渉次第でいくらでも買取価格を上げられるのです。

最近では交渉する人も減ってきているようですね。
時代の移り変わりでしょうか。
昔は交渉が当たり前だったんですけどね。

まず、車買取業者がいきなり限界の金額を提示してくるわけがありません。
なぜなら、まず、その査定の担当は、上司にいくらまでで買い取れと指示されます。
この「いくらまで」という金額は限界査定額です。これ以上はどう頑張ってもあがりません。

そしてその上司から言われた金額よりも安く買い取れ買い取るほど、
自分にインセンティブが入るのです。
つまり成果報酬ですね。

だからその担当は、いきなり上司に言われた限界の金額を提示してきません。
できるだけ安く買い取って、自分のインセンティブに反映させたいはずです。

なので交渉は絶対に必要なのです。
ひどい買取業者や担当に当たってしまうと、
最初の提示額は限界査定額の半額で提示してきます。

まずはかなり安い金額を提示し、それから交渉により序所に査定額を上げていき、
信頼を勝ち取ろう。という選択のようです。

しかし、あまり足元をみている査定額ですので、
怒って帰ってしまう客も多いようですね。

このような査定に交渉は必須条件です。
買取業者の最初の提示額で売却してしまっている人は、
かなり損していることでしょう。

査定までの手順を紹介

| コメント(0) | トラックバック(0)

車を売却するときの売却までの手順を紹介します。

まず、乗り換える車を決めます。
乗り換えではなくただの売却のみでしたら、ここは飛ばしてください。

次にいつまでに車を売却したいのかを決めます。
これは結構重要です。
次の車検までや、3月までになど。
それによって大きく査定額が変わってきます。

一般的に査定額が上がる傾向があるのが3月です。
4月になりましたら、新社会人たちが車を購入しますので、需要が高くなるのです。

それからオンライン査定にて業者に見積もりを取ってもらいます。
オンライン査定では車の状態を入力するだけですので、手間はかかりません。
それだけであなたの車の大体の価値が分かります。

ここで知った見積もり金額を元に、
乗り換える車が購入できるのかどうなのか。
というのを判断します。

もし不可能な場合はまた最初から。
可能な場合は次に進みます。

可能な場合、オンライン査定で一番高い見積もり金額を出してくれた業者、
2~3社と実際に連絡を取り合いましょう。

そして出張査定の日時等を決めましょう。
出張査定は1時間程度で終了しますが、交渉などもありますので、
なるべく時間に余裕を持って、業者と日程を組むようにしてください。

その後、買取業者と決めた日時に自宅に査定しにきます。
ここで査定額がOKでしたら売却。
後日買取業者が引き取りにきます。

だめだったら、再度次の業者に査定してもう。
というようになります。

結局は機能性で車を選ぶ人は少ない

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんだかんだ言って機能性で車を選ぶ方って少ないですよね。
各メーカーは機能性を重視し、それに力を入れて競争し合っていますが、
結局は車のデザインです。

人間は見た目で選びます。
だからデザインに力を入れたほうがいいと思うんです。

人間は視覚的状況から物事を判断します。
百聞は一見にしかずってやつですよね。
誰でも一目ぼれはします。

車の機能性なんて乗って見なくては分からないものであり、
買うかどうかの判断基準にほとんど入っていませんよね。

なので、一番重要視すべきことはデザインなのです。
日本車ってデザインがかなりダサいのバカりですよね。
輸入車と比べて。

だからみんな輸入車に憧れるのです。
高級だからって理由ではないんです。見た目がカッコイイからなんです。

このあたりを各メーカーはしっかり理解しなくてはいけません。
それが出来たら海外でももっと日本車は売れるでしょう。

でも見た目での販売ではなく、
機能性、安全性を重視し続ける各メーカーは車メーカーとして素晴らしいですよね。
技術者はこうであらなければいけません。

もともろ日本車の品質は世界最高レベルです。
ですので、もっともっと世界に普及させなくてはいけないのです。
なのでデザイン面での販売も視野に入れなくてはいけませんよね。

こちらのサイトが参考になります。
静岡 車買取

ドライブのテクニック

| コメント(0) | トラックバック(0)

車を運転する上で常日頃気をつけていることってありますか?
タイトルのドライブのテクニックというのは、
走り屋みたいなドリフトテクニックではありません。
主に燃費の向上と車の寿命の向上に努めるテクニックのことです。

燃費の向上を意識して車を運転すれば、必然的に車の使用劣化も遅くなり、
車の寿命も延びます。
そして、車の寿命を伸ばそうと意識するような運転は、車の燃費の向上にもつながります。

車の寿命と燃費は相関関係にあるのです。

ではどのような運転方法がいいのか。
まずは単純に、暖気運転ですよね。
これだけで車にかける負担も減りますし、燃費も向上します。

次に基本的なことですが、急発進はしないということ。
急発進は車に多大な負荷を与えます。そして一気にガソリンを爆発させることになるので、
燃費も悪くなります。

そして最後にアクセルワークですね。
これが一番重要であります。
結構難しいですが、毎日意識してくると、燃費の向上が体感できます。

オススメのアクセルワークは、赤信号が見えたらアクセルから足を離す。
ということです。
これは後続車の状況にもよるのですが、アクセルから足を離すことによって、
無駄なガソリンの消費を削減できます。
どうせ赤信号で止まるのですから、なにもアクセルを踏んでガソリンを使うことはありません。

そして渋滞時はアイドリング走行のみにしましょう。
渋滞時ってちょっと進んだと思ったらまたすぐに前がつまり、止まってしまいますよね。
ですので、渋滞だと判断できるときは、前の車が発進してもアイドリングだけで走行するようにしましょう。
どうせまた止まるので、アクセルを踏む必要性はありません。

以上が簡単にできる運転テクニックです。

カスタムしている車は売れない?

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく結構カスタムされている車は売却する時に苦労する。
と言われていますよね。

査定額がつかない。
かなり減額される。

色々なケースがあります。

確かにカスタムされている車は、純正の車と比べて、査定額がつきにくいです。
その理由は需要の問題です。

カスタム車がほしい人と、純正の車がほしい人。
どちらの割合が多いと思いますか?

もちろん純正の車がほしい人の割合ですよね。
だから査定額は需要で結構変動しますから、カスタム車は売れにくい。
というわけです。

しかし、なにもカスタム車はデメリットばかりではありません。
カスタム車は一部の層に高くうれるのです。
若年世代が多いような印象ですね。

ですから、カスタム専門店などに査定にもって行くと、
純正の車より高く買い取ってもらえたりするケースがあります。

カスタム車専門店はカスタム車がほしい人が集まるので、
需要があるということですね。

ですので一概にカスタム車は高く買い取ってもらえない。
というわけでもありません。

高く買い取ってくれるところを見つければいいわけなんですから。
ただ、純正の車と比べると、やはり査定額もつきにくいですし、
売却先を見つけるのにも苦労します。
ということです。

車をカスタムしている人に朗報

| コメント(0) | トラックバック(0)

車をカスタムしている人はチェックしておいても損はないでしょう。
それは純正パーツを残しておくということです。

基本的に純正パーツを残しておく人が多いですが、
カスタムされた車に満足しちゃって捨ててしまう方も多いですよね。

保管しておくスペースもない。
という方も多いのではないでしょうか。

しかし、車はいずれ売却しなくてはいけません。
その際に、純正パーツが残っていれば、査定額がアップする可能性があるのです。
車の売却時に純正に戻さなくてもOKです。
ただ残して置くだけでいいのです。

先ほどスペースのお話をしましたが、
車屋にカスタムを頼んでいる人は、車屋で保管してもらえることも多々ありますので、
一度聞いてみてはいかがでしょうか。

バンパーなんか交換したら保管しておく場所に困ってしまいますよね。
年間で安く倉庫も借りれたりするので、一度検討してみてもいいかと思います。
それだけ、純正パーツの有無で査定額も変わってきます。

その他原型を変えてしまうワンオフ改造は、
純正パーツをオークションなどで購入して、それを改造するようにしましょう。
以外と中古純正パーツはオークションで種類豊富に出品されています。

ほとんどが事故車などから取り外して生きているパーツですね。
激安で出品されていることも多いので、カスタムを検討している人はチェックしてみましょう。